世界史演習

2/2ページ

先史時代総合(1)

問題 次の文章Ⅰ・Ⅱは人類の進化と発展について述べたものである。これを読み、あとの設問に答えよ。Ⅰ 人類は約700万年前から約500万年前に【 イ 】から分岐し、進化してきたと考えられる。現時点において人類最古と認められるのは、今から約400万年前、南アフリカに現れたアウストラロピテクスなどの猿人⒜であり、彼らは礫石器を使用していた。約180万年前から約150万年前になると、ジャワ島のジャワ原人や […]

古代エジプト

問題  古代エジプトに関する下記の設問に答えなさい。 問  1.古代エジプトに関する記述として正しいものを選べ。㋐ 「エジプトはナイルの賜」とは古代ローマの歴史家ヘロドトスの言葉である。 ㋑住民の大部分は遊牧民で、王のために労働した。㋒ナイル川氾濫後の耕地整理のため、測地術が発達した。㋓諸都市にはジッグラトと呼ばれる聖塔が建てられた。  問  2.中王国・新王国時代の […]

アッシリア・古代イラク

問題  次の文章Ⅰ・Ⅱを読んで、空欄【イ】〜【ヌ】に該当する適当な語句を答えよ。Ⅰ 前2千年紀初めの北メソポタミアで、小アジアとの貿易で栄えた【 イ 】王国は、前15世紀には一時【 ロ 】王国に服属したが、その後独立を回復し、、前7世紀前半にオリエントのほぼ全域を征服した。全土を州に分け、駅伝制を設けるとともに、各地に総督を派遣して州の統治を委ねた。重税と圧政のために各地で反乱が起こり、前612年 […]

オリエント世界総合(2)

問題  次の文章Ⅰ・Ⅱを読んで、後の設問に答えなさい。Ⅰ 前3000年ころ、シュメール人によって、メソポタミア南部にウル・ウルク・ラガシュ⒜などの都市国家が作られた。それぞれの都市は独立しており、領土や交易路などを巡って争いが繰り返された。その結果、優勢な都市国家の支配層には富が集まり、壮大な神殿・宮殿などが造られ、シュメール文化は繁栄した。しかし、周辺の異民族の侵入が相次いだことで、シュメール人 […]

オリエント世界総合(1)

問題  次の文章を読んで、後の設問に答えなさい。メソポタミアは、【 イ 】にはさまれ、水と緑に恵まれた肥沃な【 ロ 】地帯の一部のことである。紀元前2700年頃までに、最初の都市国家⒜が多数形成され、最高の神官・戦士でもある王を中心に、神官・役人・戦士などが政治・経済・軍事の実験を握った。そして、神の権威を利用した神権政治のもと、文化が栄えた。 しかし、メソポタミアの地形が開放的であったため、諸民 […]