火成岩

前回の単元

今回の内容は前項「マグマの粘り気と火山の形状」の続きです。

マグマの粘り気と火山の形状

はるか
はるか

マグマの粘り気と火山の形状 ここがポイント

Haru_You
Haru_You
マグマが冷えて固まった岩石は、火成岩というんだ。
火成岩と一言でいっても2種類あって、火山岩と深成岩に分けられる。
「火山」と「深成」で「火成」だね。
どうやって分類するの?
はるか
はるか
Haru_You
Haru_You

火山岩は、マグマが地表近くで急に冷えてできたもので、深成岩は、マグマが地下深くでゆっくり冷えてできたものだ。
だから火山岩は結晶がしっかりできていない斑状組織深成岩は結晶のつぶがそろった等粒状組織になるんだ。
石の絵を見て、火山岩か深成岩か判断できるんだね。
はるか
はるか
Haru_You
Haru_You
さらに、色によって火山岩も深成岩も細かく分けられるんだ。
まず、火山岩は白っぽいものからリュウモン岩、アンザン岩、ゲンブ岩
深成岩は白っぽいものからカコウ岩、センリョク岩、ハンレイ岩だ。

6種類もあると覚えるのが大変だなあ。
はるか
はるか

Haru_You
Haru_You
火山岩と深成岩を白い方から交互に頭文字を取ると、リ(ュウモン)カ(コウ)ア(ンザン)セ(ンリョク)ゲ(ンブ)ハ(ンレイ)だから、「リカちゃんアセってゲロハいた」という覚え方が有名だね。
または、深成岩カ(コウ)セ(ンリョク)ハ(ンレイ)、火山岩リ(ュウモン)ア(ンザン)ゲ(ンブ)で、「シンカンセンはカリアゲ」という言葉もある。。
インパクト強い言葉で覚えちゃおうってやつだね。
はるか
はるか
Haru_You
Haru_You
でも、あまりテストに全部書かせることはないんだよね。
それに、テストに印刷した写真じゃ種類の識別は難しいからね。
よく聞かれるのは「黒っぽい火山岩」=ゲンブ岩と、「白っぽい深成岩」=カコウ岩の2つだから、まずそれを覚えてね。
石の色はどうやって決まるの?
はるか
はるか
Haru_You
Haru_You

火成岩は小さな粒で構成されているんだけど、その粒に色がついているんだ。
火成岩の中の粒は鉱物といって、石英・長石というガラスのような無色鉱物と、かんらん石、輝石、角閃石、黒雲母といった有色鉱物があるんだ。
石英は割ると粉々になるのに対し、長石と黒雲母は決まった方向に開くように割れる。
あと、かんらん石はマントルがそのまま結晶化したものだね。
この鉱石の割合によって、石が白っぽかったり黒っぽかったりが決まるんだ。

 

Point!

火成岩

・地上近くで急にマグマが冷えてできた岩石が火山岩、地下深くでゆっくり冷えた岩石が深成岩
・火山岩は斑状組織でリュウモン・アンザン・ゲンブ岩、深成岩は等粒状組織でカコウ・センリョク・ハンレイ岩
・火成岩内の粒を鉱物といい、長石・石英などの無色鉱物とかんらん石・輝石・角閃石などの有色鉱物がある

火成岩 基本の確認プリント

火成岩

次の単元

この次は「地震の発生」について説明します。

地震の発生

はるか
はるか