金属とイオン

前回の単元

今回の内容は前項「中和とイオン」の続きです。

中和とイオン

はるか
はるか

金属とイオン ここがポイント

Haru_You
Haru_You
いくつかの金属が塩酸などの水溶液に溶けるのは前に説明したけど、溶けるときに金属は電子を放出して陽イオンになっているんだ。
金属によって、マグネシウムのようによく溶けるものもあれば、銅のように溶けないものもあるよね。
金属の種類によって、イオンになりやすさが違うってことかな。
はるか
はるか
Haru_You
Haru_You
うん、金属にはイオンになりやすさの違いがあって、それを金属のイオン化傾向というんだ。
イオン化傾向は大きい方から、Li>K>Ca>Na>Mg>Al>Zn>Fe>Ni>Sn>Pb>(H)>Cu>Hg>Ag>Pt>Auで、これを「リッチに貸そうかなまああてにすんなひどすぎる借金」と覚えるよ。
Pb(鉛)とかSn(スズ)なんかはほとんど出てこないから全部は覚えなくても大丈夫なんだけど、どうせ高校化学で覚えるし、今のうちに暗記しちゃうといいよ。

イオン化傾向が大きい金属が溶けやすくて、イオン化傾向の小さい金属が溶けにくいんだね。
たしかに、一番小さい金や白金なんかは化学変化しないから貴金属ていうんだもんね。
金属じゃないのに水素が含まれているのはなんで?
はるか
はるか
Haru_You
Haru_You
酸に溶けて水素を発生させるかどうかの目安だね。
酸で電離した水素イオンよりもイオン化傾向の大きい金属、たとえば亜鉛やアルミなんかは、水素に代わってイオンになり、そのとき放出した電子を水素イオンが受け取って水素原子→分子になって水素が発生するんだ。
そっか、水素よりイオン化傾向が大きい金属が、酸に溶けて水素を発生させるんだね。
はるか
はるか
Haru_You
Haru_You
溶けやすさだけじゃなく、酸化や還元などの化学変化しやすさも表しているけど、そこまでは中学化学では考えないかな。
ただ、次に説明する電池の電極で、このイオン化傾向が重要になるので覚えておいてね。

 

Point!

金属とイオン

・金属の陽イオンになりやすさをイオン化傾向という
・イオン化傾向は「リッチに貸そうかなまああてにすんなひどすぎる借金」
・水溶液に金属が溶けイオンになるときに電子を切り離し、その電子を水溶液中の陽イオンが受け取ると気体や物質となって生じる

金属とイオン 基本の確認プリント

金属とイオン

次の単元

この次は「電池」について説明します。

電池

はるか
はるか