秦・漢時代(2)

問題

  秦・漢時代の中国に関する次の文章を読み、以下の設問に答えよ。

 前11世紀に殷を滅ぼした周は、都を鎬京に置いた。しかし、都が遊牧民に攻略され、東周時代に入ると、周王の権威は急速に衰え、諸侯の間で騒乱が激しくなる。春秋時代、「尊皇攘夷」を掲げる有力諸侯は覇者と呼ばれ、勢力拡大をはかっていた。晋が韓・魏・趙の三つに分裂して以降は戦国時代と呼ばれるが、この頃の「戦国の七雄」は自ら王を名乗っていた。その中で、法家の【 イ 】が実施した富国強兵策によって強国になった秦の王【 ロ 】が、前221年に【 ハ 】を都として全国を統一した。彼は初めて皇帝の称号を用い、のちに始皇帝と呼ばれた。しかし、始皇帝が行った厳しい改革は反発を招き、陳勝・呉広の乱を契機に各地で反乱が起こり、秦は滅亡する。
 その後、数年間にわたる項羽との戦いに勝利した劉邦が中国を再統一し、前202年、漢王朝を開いた(前漢)。呉楚七国の乱が平定されると、第7代武帝の時代に中央集権体制が確立する。
武帝は積極的な対外政策を行い、その軍事費をまかなうため、塩・鉄・酒などを専売にし、均輸法・平準法を実施した。彼はまた、【 二 】の勧めで儒学を漢学とした。地域の評判によって官吏が推薦・登用される【 ホ 】という制度も設けたが、地方の豪族の子弟ばかり推挙されるという弊害が生じた。武帝の死後、農村では貧富の格差が拡大し、豪族の勢力が伸張した。朝廷では、皇帝の姻族である【 ヘ 】や、後宮に仕える宦官が勢力を競うようになり、【 ヘ 】の1人、【 ト 】が帝位を奪って新を建てた。しかし【 ト 】による政治は混乱を招き、【 チ 】の乱に始まる農民や豪族の反乱によって、新は崩壊した。
 混乱を収拾したのは漢の一族である【 リ 】(光武帝)で、25年、漢王朝を再興した(後漢)。光武帝は朝貢の訪れた倭の奴国の使節に金印を与え、王の地位を認めているが、こうした周辺国との関係は、後の【 ヌ 】体制のはじまりと考えられる。この時代は、【 ル 】として活躍した班超の部下、【 ヲ 】が大秦へ向けて派遣されるなど、東西交渉も活発になっていた。光武帝は宦官勢力をおさえようとしたが、のちに彼らが官僚などを弾圧する事件(【 ワ 】の禁)が起こり、政治は混乱した。張角が組織した宗教結社【 カ 】が、【 ヨ 】の乱を起こすと、たちまち全国は群雄割拠の状態となり、後漢は滅亡した。

  1.空欄【 イ 】〜【 ヨ 】に適語を入れよ。

  2.始皇帝が行った厳しい改革に関する以下の記述のうち、誤っているものを選べ。すべて正しい場合はと答えよ。
 法家の李斯を登用して中央集権化を進めた。
 思想弾圧を行い、占いなどの書物を焼き捨てさせた。
 文字・度量衡・貨幣を統一した。
 長城を修築して匈奴の侵入に備えた。

  3.武帝は積極的な対外政策に関する以下の記述のうち、誤っているものを選べ。すべて正しい場合はと答えよ。
 張騫を西域に派遣した。
 敦煌などに直轄地を設けた。
 朝鮮北部に南海郡など4郡を置いた。
 南越を滅ぼした。

  4.均輸法・平準法を実施に関する以下の記述のうち、正しいものを1つ選べ。

 武帝は均輸法により、被征服地に新しい農法を普及させ、生産量を上げた。
 武帝は平準法により、過去の平均値から算出した公定価格で穀物を販売させた。 武帝は均輸法により、農産物の輸入を制限し、国内の流通量を抑制した。
 武帝は平準法により、各地の官僚を使って、抵抗する諸侯から穀物を徴発した。
 武帝は均輸法により、特産物を貢納させ、それが不足している地域に転売した。

PDFファイル(問題・解答用紙・解答)

秦・漢2

プリントのダウンロード