先史時代総合(2)

問題

 次の文章を読み、【 イ 】〜【 ヌ 】に適当な語を入れよ。

 最古の人類は、直立二足歩行し、石器を使用した猿人といわれる。1924年から南・東アフリカ各地で発見された【 イ 】がその代表例である。これは約400万年前に出現したと考えられている。猿人に次いで原人が出現するが、その代表例は1891年に【 ロ 】島トリニールで発見された【 ロ 】原人、1927年に中国の【 ハ 】郊外【 ニ 】で発見された【 ハ 】原人である。彼らは、石を打ちかいて作った【 ホ 】製石器を使用し、火を使い、動物の肉を食していたらしい。
 約20万年前に旧人が出現する。その有名な例は1858年にドイツの【 へ 】で発見された【 へ 】人である。彼らは穴を掘って死者を埋葬していた。その旧人に対して、われわれの直接の祖先である【 ト 】人は、更新世末期に出現している。その代表例は、1868年に南フランス、ドルドーニュ地方で発見された【 チ 】人、【 ハ 】原人が発見された洞穴の上にある洞穴から発見された【 二 】上洞人などである。【 チ 】人は洞穴に住み、そこに絵画を描いている。狩猟生活をする人々が豊猟を祈って描いたものと解されている。1879年に北スペインで発見された【 リ 】の洞穴絵画が有名である。南フランスでは1940年に、色鮮やかな【 ヌ 】の洞穴絵画が少年たちによって発見されている。

PDFファイル(問題・解答用紙・解答)

先史時代2

プリントのダウンロード