古代エジプト

問題

 古代エジプトに関する下記の設問に答えなさい。

問  1.古代エジプトに関する記述として正しいものを選べ。
㋐ 「エジプトはナイルの賜」とは古代ローマの歴史家ヘロドトスの言葉である。 
㋑住民の大部分は遊牧民で、王のために労働した。
㋒ナイル川氾濫後の耕地整理のため、測地術が発達した。
㋓諸都市にはジッグラトと呼ばれる聖塔が建てられた。 

問  2.中王国・新王国時代の中心都市であるテーベの位置を地図上の㋐〜㋓から選べ。

問  3.古代エジプトの文字に関する記述として誤っているものを選べ。すべて正しい場合は㋔を答えよ。
㋐神聖文字が簡略化されて神官文字が、さらにそこから民衆文字が作られた。
㋑ロゼッタ=ストーンは18世紀末にエジプト遠征したナポレオン軍が発見した。
㋒ロゼッタ=ストーンには、神聖文字・民衆文字・フェニキア文字が刻まれていた。
㋓19世紀になってフランスのシャンポリオンが神聖文字の解読に成功した。

問  4.古代エジプトの政治に関する記述として誤っているものを選べ。すべて正しい場合は㋔を答えよ。
㋐王(ファラオ)が専制的な神権政治を行った。
㋑紀元前3000年頃に統一国家が登場した。
㋒統一国家成立以前にノモスとよばれる村落が形成された。
㋓王は全国を属州に分けてサトラップ(知事)を置いた。

問  5.中王国時代の末期に侵入しエジプトを支配した遊牧民を選べ。
㋐ヒクソス  ㋑カッシート  ㋒アラム人  ㋓フェニキア人

問  6.古代エジプトの宗教に関する記述として誤っているものを選べ。すべて正しい場合は㋔を答えよ。
㋐人々は死後の世界を信じてミイラを製作した。
㋑太陽神ラーを中心とする多神教であった。
㋒「死者の書」には死者が冥界の王オシリスに審判を受ける様子が描かれている。
㋓アメン(アモン)はメンフィスの守護神であった。

問  7.新王国時代に首都をテル=エル=アマルナに移した王を選べ。
㋐カフラー王 ㋑アメンホテプ4世 ㋒ラムセス2世 ㋓キュロス2世

問  8.新王国に関する記述として正しいものを選びなさい。
㋐馬・戦車を用いて戦争を行い、全オリエントを統一した。
㋑前13世紀頃、ヘブライ人がモーセに率いられエジプトに移住した。
㋒西方に進出し、現在のモロッコまで領有した。
㋓ヒッタイトやミタンニと争った。

問  9.ピラミッドに関する以下の記述の下線部のうち、誤っているものを選べ。すべて正しい場合は㋔を答えよ。
古代エジプトでは、古王国時代に巨大なピラミッドが建設された。ピラミッドは王の墓と考えられている。最大のピラミッドはギザにあるクフ王のものであり、底辺の一辺が200メートル以上、高さは100メートル以上ある。また、その付近には人間の頭とライオンの胴体を持つスフィンクスがある。

問 10.エジプト文明に関する記述として誤っているものを選べ。すべて正しい場合は㋔を答えよ。
㋐1年を365日とする太陽暦が使用された。
㋑パピルスとよばれる一種の紙が使用された。
㋒鉄製武器がはじめて使用された。
㋓新王国時代にはアマルナ美術とよばれる写実的な美術様式が生まれた。

PDFファイル(問題・解答用紙・解答)

古代エジプト

プリントのダウンロード